医療ビジネス観光情報専門学校は、2019年4月「医療ビジネス観光福祉専門学校」へ校名変更いたしました。(神奈川県認可の専修学校)

就職・資格

在校生インタビュー

宮澤裕輔さん
医療ビジネス学科医療情報管理専攻2年
内定先:ディーコム株式会社
職種:プログラマ

当校を選んだ理由

大学は人が多く、そういった環境が苦手でした。成績が落ち、単位修得もうまくいかず、自分の力を伸ばすことができませんでした。

その結果大学を中退し、もともと興味のあったパソコンを勉強できて、かつ少人数制で、家から近く学費も安いということで、この専門学校を選びました。

大学と専門の違いは?

大学は面倒見の良さはなく、欠席しても誰からも何も言われません。

専門学校は勉強面での面倒見がとてもよく、欠席すると先生方が心配してくれます。

取得した資格

【国家資格】
ITパスポート
情報セキュリティマネジメント
基本情報技術者
応用情報処理技術者
【民間資格】
LPIC101+102

資格取得のための勉強法

先に解答を見てから問題を解きました。その解答になるにはどうしたらいいか考えました。

基本的には集中して授業を受けていれば頭に入ります。

もちろん日々コツコツと勉強することも大事です。

学校で頑張ったこと

授業での課題やテスト等、良い点数及び評価を取るために徹底的に勉強しました。

資格取得は先生に資格のリストを渡され頑張りました。

楽しかったこと

放課後のプライベートな時間や、友達と会話することが楽しかったです。

大変だったこと

学校とアルバイトの両立です。

コンビニのバイトで帰りが夜遅くになり、勉強のパフォーマンスが落ちてしまわないようにすることが大変でした。

今後の抱負

卒業前の研究発表会で足りなかった部分の内容を克服したいです。

また、4月から社会人となるため、仕事内容を少しでも早く覚え、自分を成長させていきたいと思っています。

これから進路を決める方へ

少人数で面倒見がよく、自分を主張するのが苦手な人にこの学校は向いています。

頑張れば頑張った分だけ自分の成長に繋がるサポートをしてくれる学校です。


原田真依さん
観光学科トラベル・交通専攻1年


専門学校を選んだ理由

他の学校をいくつか見学して、一番交通の便が便利で、自宅で学習する時間が取れると思ったからです。

資格を多くとる為には、時間が大事だと考えました。

学校で頑張っていること

資格の勉強です。特に9月に行われる「国内旅行取扱管理者試験」(国家試験)では、前期の授業から夏季集中講座に向けて頑張っています。

更に「国内旅程管理者研修」も行っています。

楽しいこと

まだ、半年なので少ないですが、5月にボランティアの境川クリーンアップとスポーツ大会(ボウリング)に参加することで、先輩たちとコミュニケーションが取れました。

これからは、9月のトラベル・交通専攻主催の国内研修旅行が、不安半分と楽しみ半分です。

大変なこと

思っていた以上に勉強量が多く、国家試験(業法・約款)に苦戦しています。

今後の進路

将来は、旅行会社かバスガイドさんになりたいと考えています。

これから進路を考えている方へ

とりあえずは、将来の事を考えて進路を決めることをお勧めします。